環境省の花粉情報システムはなこさんで花粉最新情報をチェックしましょうはなこさん


2008年01月29日

花粉症には甜茶が効く

花粉症対策の飲み物として、1番の定番となった甜茶。

一口に甜茶といっても、4つの種類があります。その中で、花粉症に効果があるとされているのは「甜茶懸鈎子」(テンチャケンコウシと読みます)です。消炎作用があり、席や短を止める効果もあります。そしてこの甜茶は、実験により花粉症への効果が実証されています。


その効果をまとめてみました。

即効性がある

花粉症の薬として市販されているもの、病院で処方するものに抗アレルギーの薬があります。抗ヒスタミン作用のある薬は、眠気や倦怠感が伴います。このような服作用の無いものでは、服用してから効果が表れるまでに約2週間以上かかります。そのため、症状が出る時期を考え早めに服用しなくてはなりません。

しかし甜茶は、服用後1週間以内に効果を発揮し、お茶やアメなどとしていつでも手軽に摂ることができます。薬に比べて非常に手軽で便利です。

アレルギー症状を抑える

身体の中に入ってきたアレルゲンを追い出すため、肥満細胞がヒスタミンを放出することによってアレルギー反応が起きます。この作用を抑えることができれば、花粉症の症状が出ないわけです。
甜茶には、この働きがあることが実験から分かっています。

消炎作用

花粉症の症状を止めるのに必要な作用として、消炎作用があります。
体内の酵素が炎症を引き起こす物質を作る働きによってノドや鼻などの炎症が引き起こされます。甜茶は、この酵素の働きを抑える力を持っています。ノドや鼻の炎症を抑え、花粉症の症状を軽くしてくれるのです。

副作用が無い

薬と呼ばれるものには、副作用の心配が伴います。しかし甜茶は、中国で長い間飲まれてきた健康茶で、まったく服作用の心配はありません。

甜茶を飲み、花粉症の症状を止め、さらに健康でいられるなんて。甜茶は、すばらしい健康茶ですね。

花粉対策サプリメント





posted by TOSHI at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲んで食べて花粉症緩和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック